Live Chat

翻訳メモリとは

翻訳済みの訳文を取り込んで再利用するための言語データベース

Webサイト、 製品ドキュメント、 セールスツール、 広告メッセージ、 ブランディング、 カスタマサポートのマニュアル、

これらに共通するものとは

これらの媒体にはすべて、創意工夫によって作成された、共通する言葉、メッセージ、常套句、文章が含まれています。これらは顧客のコミュニケーションに使用されるテキストの40%以上を占めます

このように繰り返し使用されるコンテンツは翻訳メモリに収集して再利用しない限り、同じフレーズを何度もローカライズすることになります。 すると、プロジェクトの完成が遅れるだけでなく、翻訳品質の劣化、ひいては顧客満足度の低下を招く恐れがあります。

翻訳メモリを使用することにより、ローカリゼーションプロセスが向上し、品質と効率のどちらも大幅な改善が見込めます。 翻訳はすべて保存し、以後の作業で再利用することができるので、同じ文を再度翻訳する必要がなくなります。 また、プロジェクトを短時間で完成させることができるため、受注量を増やして収益の増加を図れる可能性があります

翻訳メモリとは何ですか。

+

翻訳メモリとは、翻訳資産を再利用するために、作業と同時に翻訳を継続的に蓄積できる言語データベースです。

翻訳はすべて翻訳単位(原文言語と訳文言語の組み合わせ)ごとに翻訳メモリに蓄積、再利用されるため、同じ文を再度翻訳する必要はありません。 翻訳メモリに訳文を蓄積すればするほどその後の翻訳スピードが向上するため、さらに多くのプロジェクトを受注し、収益を上げることができます。

翻訳メモリの仕組みについて教えてください。

+

例えばSDL Trados Studioの場合、ソースファイルを開いて翻訳メモリを適用すると、テキスト中の「100%一致」(完全一致)または「あいまい一致」(類似しているが、完全一致ではない)が瞬時に抽出され、訳文ファイルに入力されます。

ソースファイルを処理する際、翻訳メモリが提示する「一致」を採用するか、それに代わる新しい訳で上書きするかを選択できます。 新しい訳が入力されるとその翻訳単位は翻訳メモリに収集され、今後のプロジェクトで使用できるのはもちろんのこと、現在作業中のテキスト内でも使用できるようになります。 「一致」が1つもないセグメントも同様に、手動で翻訳すると自動的に翻訳メモリに追加されます。

どのような場合に翻訳メモリを使用するのでしょうか。

+

翻訳メモリは、コンテンツを特定の言語から別の言語にローカライズする全プロジェクトに有効です。 繰り返しの多いドキュメントを翻訳するのであれば、翻訳メモリは特に効果的です。

また、コンテキストが不明なコンテンツを翻訳する場合にも非常に便利です。 コンテンツ管理システム(CMS)を利用して情報の管理を行う企業はますます増加しています。 CMSを使用すると、ドキュメント単位ではなく個々のテキストブロック単位で作成・編集を行い、さまざまな形式で公開することが可能になります。 翻訳メモリを使用することでこのプロセスがさらに迅速になり、一貫性も向上します。

さらに、翻訳メモリを使用しない場合でも、翻訳に特化した作業環境でソースファイルからテキストだけを抽出し、タグを意識することなく集中してテキストのローカライズに取り組むことができます。 例えば、HTMLファイルではコーディングはすべて隠されるので、不要な文字列の中から翻訳が必要なテキストを探して手間取ることがありません。

SDL翻訳メモリにはどのようなメリットがありますか。

+
  • 翻訳にかかる時間を短縮できるため、さらに多くのプロジェクトを受注し、収益を上げることができます。
  • 翻訳の一貫性と品質が保たれ、顧客満足につながります。

翻訳メモリツールは用語ツールとどのように違いますか。

+

翻訳メモリツールでは、テキストをセグメント単位に区切り、翻訳単位(ソースとターゲットのペア)として保存します。 1分節は、1文または1段落で構成されます。

一方、用語ツールは検索可能なデータベースで、多言語の用語リストとその使用法に関するルールが含まれています。

用語集は、通常翻訳メモリと一緒に使用します。

翻訳メモリは機械翻訳とどのように違いますか。

+

機械翻訳では、ドキュメントは人の手を介さず自動的に翻訳されます。

この種のツールは高速ですが、機械では言葉が持つ微妙なニュアンスや文脈を読み取ることができないため、翻訳の品質は低くなります。 結果として、翻訳の品質および正確性はおよそ50%から70%にとどまるため、そのままで顧客に提出することはできません。 また、機械翻訳は、サポートされている限られた言語にしか使用できません。

一方、SDL Trados Studioなどの翻訳メモリソフトウェアではサポートされている言語数に制限はなく、翻訳はプロの翻訳者が行います。 翻訳メモリを使用すると翻訳データベースから「100%」一致や「あいまい」一致が表示されるため、高い効率性、一貫性、品質で翻訳作業を進めることができます。

SDL翻訳メモリはさまざまなファイル形式に対応していますか。

+

はい。SDL Trados Studioは、コンテンツ作成に使用する多様なプログラムに対して互換性があります。 互換性のある形式には、Microsoft Office(2000-2003、2007-2013)、OpenOffice、RTF、タブ区切り、HTML、XMLなどがあります。

また、Adobe FrameMaker 8.0/9.0、Adobe InDesign CS5、Adobe InDesign Markup Language(IDML)、InCopy Markup Language(ICML)、PDF、XLIFF、XMLベースのDITA、Docbook、W3C ITSなど、新しいバージョン/形式もサポートしています。