Live Chat

翻訳管理とは

テクノロジやシステムを利用して翻訳プロセスを自動化

翻訳管理のメリット

翻訳管理では、実証済みのデータベース、ワークフロー、標準的な統合方法とテクノロジを利用することで、自社からサプライヤにわたる、翻訳プロセスに関わる個々の担当者、コンテンツシステム、翻訳資産を一体化します。

翻訳管理とは何ですか。

+

翻訳管理では、翻訳プロセスを自動化することにより、繰り返し行う手間の多い手動タスクを削減し、管理と共同作業を促進し、効率を向上させることができます。

コンテンツ管理と翻訳管理はどう違うのですか。

+
コンテンツ管理とは、テキスト、イメージおよびその他のデジタル化された情報を取得、保存、管理および配信するために使用されるビジネスプロセスおよびシステムソフトウェアのことです。 翻訳管理では、ワークフローに加えてプロジェクト管理機能が組み込まれ、翻訳メモリおよび翻訳ツールと連係して、個別の翻訳リソースに関する情報が保存されます。

翻訳管理テクノロジはビジネスにどのようなメリットをもたらしますか。

+

翻訳管理テクノロジを使用すると、翻訳プロセスの自動化と言語資産の一元化を行い、翻訳サプライチェーン全体で共同作業を実現できます。

  • プロセスの自動化:手動によるプロセスを自動化することにより、翻訳処理能力を向上させ、市場投入までの期間を短縮することができます。
  • 言語資産の一元化:一元管理された翻訳メモリ(TM)、用語集および辞書により、企業全体で一貫性および正確性が確保されます。
  • 共同作業の実現:翻訳者、部門、関連するシステム、翻訳ベンダーとの間で連携とインテグレーションを強化し、共同作業と翻訳プロセスの効率を改善します。

翻訳管理システム(TMS)とは何ですか。どのような仕組みですか。

+
翻訳管理システム(TMS)は、ナレッジベースに保存されているビジネスルールおよびプロジェクト情報に応じてワークフローを自動化し、翻訳、言語データの共有、再利用可能なコンテンツの適用など、ローカリゼーションプロセス全体でグローバルコンテンツの流れを管理します。 社内外を問わず、翻訳プロセスのあらゆるステージですべてのリソースの情報を追跡できます。

翻訳管理システムは既存のコンテンツレポジトリと統合できますか。

+
はい。 翻訳管理システムは、オープンな標準ベースのアーキテクチャに基づいているため、他のエンタープライズアプリケーションとのシームレスなインテグレーションが可能であり、コンテンツ制作者は保存場所にかかわらずコンテンツリソースを扱うことができます。 最も一般的なコンテンツリポジトリには、コンテンツ管理システム、ソフトウェア構成管理(SCM)、データベースおよびファイルシステムが含まれます。

翻訳管理システムは翻訳メモリと用語データベースをどのように有効利用しますか。

+
翻訳管理システムにより、翻訳メモリの優先順位指定およびカテゴリー化が可能になります。 これにより、過去に翻訳したテキストを最大限に再利用することができます。 翻訳メモリはさまざまな方法でアクセスできるため、オフラインおよびオンラインの翻訳リソースを柔軟に使用して、翻訳メモリを最大限に活用することができます。 翻訳管理ソリューションは、用語集管理を行うSDL MultiTermとシームレスに統合できます。 オンライン編集およびレビュー機能では、用語が自動的にハイライトされるため、翻訳者およびレビュアーは過去に翻訳された用語を常に把握することができます。

翻訳管理システムは、レポート作成などのビジネス管理機能を備えていますか。

+

Translation Management Systemsでは、試算と追跡を行うことができるので、翻訳ベンダーに見積りを依頼する前に翻訳コストを確認できます。 また、すぐに利用できる翻訳パフォーマンスメトリックスに関するカスタムレポートによるビジネスインテリジェンス機能も提供されるので、継続してプロセスを向上させることができます。

複数の翻訳サービスプロバイダおよび翻訳者を使用していても、 問題ありません。翻訳管理ソリューションを使用すれば、複数のベンダーを効率的に管理し、プロジェクトの見積もりのステータスを追跡し、プロジェクトのステータスについて容易にレポート作成ができるため、時間とコストを節約することができます。

翻訳管理システムではどのようなタイプのプロジェクト管理機能およびワークフロー機能がありますか。

+
タスクベース(人手によるタスクとシステムによるタスク)のワークフローが、コンテンツの種類と対象言語別に構築されます。 担当者は、それぞれの作業が発生した場合にEメールで通知を受け取ります。また、未処理のタスクの概要をWeb上で確認することも可能です。 プロジェクトには任意の数のジョブを追加できます。プロジェクトのステージ別のスケジュールを統合したり、特定のマイルストーンを設定したり、納品日の前にリマインダを送信することも可能です。 また、プロジェクトマネージャはジョブごとのステータスを監視し、必要に応じてタスクを割り当て直すことができます。