Live Chat

ソフトウェアのローカリゼーションとは

ソフトウェアを、市場の言語、文化、技術的要件に適合させるプロセス

ソフトウェアローカリゼーションにおけるメリット

ソフトウェアのローカリゼーションとは、単にユーザーインターフェイスを翻訳するだけではありません。 より多くのユーザーに製品を使ってもらえるようにするには、文化的障壁を取り除く必要があります。

ソフトウェアのローカリゼーションとは

+
ソフトウェアのローカリゼーションとは、ソフトウェア製品を、ターゲット市場の言語、文化、技術的要件に適合させるプロセスです。 このプロセスは大きな労働力を要するため、多くの場合は開発チームが非常に長い時間をかけて行います。

ソフトウェアのローカリゼーションと従来のドキュメント翻訳はどう違うのでしょうか。

+

ソフトウェアのローカリゼーションとは、ソフトウェアやWeb製品(ソフトウェアそのものだけでなく、関連する製品ドキュメントすべてを含む)を翻訳し、適合させることです。

従来の翻訳は通常、原文文書が完成してから行われます。 一方、ソフトウェアのローカリゼーションは、すべての言語バージョンを同時に出荷可能にするため、多くの場合元の製品の開発と並行して進めます。 例えば、ソフトウェアの文字列の翻訳は、ソフトウェア製品がまだベータ段階のうちに開始されることがあります。

翻訳はローカリゼーションプロジェクト活動の一環でしかありません。翻訳以外にも、プロジェクト管理、ソフトウェア開発、テスト、DTPなど、数多くの作業があります。

ソフトウェアの標準的なローカライズプロセスとはどのようなものでしょうか。

+

適切にローカライズされたソフトウェア製品は、見た目も使い勝手も、元々ターゲット市場に向けて作成、設計された製品のように感じられます。 ソフトウェア製品やWebサイトを効果的にローカライズするには、言語はもちろんのこと、測定単位、数字の形式、住所の形式、日付と時刻の表示形式(長い形式と短い形式)、用紙のサイズ、フォント、デフォルトのフォント選択、大文字と小文字の区別、文字セット、並べ替え、単語間の区切りとハイフン、地域の規制、著作権の問題、データ保護、支払方法、通貨の換算、税金など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

標準的なローカリゼーションプロセスには、基本的に次のような手順があります。

  • 受け取った素材の分析、およびローカリゼーションに必要なツールとリソースの評価
  • 文化面、技術面、言語面の査定
  • 用語集の作成と管理
  • 訳文言語への翻訳
  • ユーザーインターフェイス(必要に応じてフォームやダイアログのサイズ変更を含む)の適合
  • テキストや記号などを含むグラフィック、スクリプト、その他のメディアのローカリゼーション
  • ローカライズされたファイルのテスト用コンパイルおよび構築
  • 言語面、機能面での品質保証
  • プロジェクトの配布

SDL Passoloとは何ですか。また、どのようなメリットがありますか。

+

SDL Passoloは、ソフトウェアローカリゼーションをさまざまな面から技術的にサポートし、ユーザーが翻訳作業に集中できるローカリゼーションツールです。 SDL Passoloで作業すると、翻訳されたテキスト文字列をダイアログやメニュー内に表示することができます。 翻訳の結果、テキスト文字列の長さが変わった場合は、ダイアログやフォームのレイアウトをSDL Passoloで直接変更することができます。

SDL Passoloには、ソフトウェアに含まれるすべての要素(ストリング、メニュー、ダイアログ、ビットマップ、アイコンなど)のローカライズに必要なツールが含まれています。 SDL Passoloでは、元のテキストファイルにアクセスしたり、ソフトウェアの開発に使用した開発環境を用意したりしなくても、ソフトウェアのローカライズ版を作成することができます。

自動テスト機能、主要な翻訳メモリへのインターフェイス、すべての主要Windowsフォーマットのほか、テキストファイル、XMLやHTMLといったタグ付きフォーマットで作業できるオプションもついたSDL Passoloは、究極のソフトウェアローカリゼーションツールです。

  • SDLのソフトウェアローカリゼーションツール、SDL Passoloのご紹介