Live Chat
SDL WorldServer

SDL WorldServer

翻訳会社向けのワークフローソリューション

翻訳管理の技術革新

SDL WorldServerは、翻訳管理に不可欠な機能を備えたWebベースのアプリケーションです。

  • 高度な言語テクノロジ
  • プロセスの自動化
  • コンテンツの統合
  • ビジネス管理サービス
  • 柔軟なカスタマイズ

RS Components社でのSDLの翻訳管理システム活用例をご覧ください。

安定性に優れたローカリゼーション管理

SDL WorldServerは、Webサイトからドキュメント、ソフトウェアまで、あらゆるコンテンツのローカリゼーションプロセスを簡素化し、高速化します。 さらに翻訳管理システムとして、翻訳プロセスの自動化を一元的に管理し、翻訳プロセスの管理とコラボレーションをエンドツーエンドで実現します。
  • 一元化 - 翻訳メモリ用語集、プロジェクト設定など、すべての言語資産を一元化することで、過去の翻訳を再利用できるようになり、コスト削減と迅速な納品が可能になります。
  • 自動化 - コストや時間のかかる多くの手作業を自動化し、翻訳されたコンテンツのリリース遅延をなくし、翻訳品質と効率を向上させます。
  • システムとユーザーのコラボレーションは、翻訳プロセスの効率化に不可欠です。 クライアントはインターネットを介して、簡単で安全なWebポータルからシステムにアクセスします。 プロジェクトマネージャや翻訳者などユーザー同士のやり取りは、直観的に操作できるWebベースのユーザーインターフェイスを介して行います。 そしてSDL WorldServerがSDL Trados Studioと連動し、ローカリゼーションマネージャ、プロジェクトマネージャ、翻訳者、レビュアー向けに、翻訳プロジェクトの一貫した分析結果とレポートを提供します。