Live Chat
SDL Trados GroupShare

SDL Trados GroupShare

チームワークの円滑化を追求したソリューション、
SDL Trados GroupShare 2017リリース

既存の翻訳リソースを活用し生産性を向上

SDL Trados GroupShare 2017は、翻訳メモリや用語ベース、プロジェクトファイルなどの翻訳資産を一元管理して共有する、サーバーベースのソリューションです。

ウェブやセキュリティ保護された独自のクラウドを利用し、プロジェクトマネージャー、翻訳者、レビュアー、クライアント間のワークフローの円滑を支援します。

GroupShare diagram - JP


資産を一元管理することで、リソース効率の向上、セキュリティとデータ保護の強化、ワークフローの簡素化を実現します。SDL Trados GroupShare 2017はあらゆるプロジェクトの品質レベルを高め、顧客サービスの向上を支援します。
  • 翻訳者がファイルの処理よりも翻訳作業に集中できる環境を提供
  • プロジェクト管理を最小限に抑え、伝達ミスや対応に時間を要するエラー、見落としを回避
  • デバイス、場所、時間を問わないプロジェクト管理
  • 用語集の一元管理により、一貫性と品質を向上
  • 分散された場所にジョブを分割し、あらゆるタイム
    ゾーンで年中無休の作業を実現
  • 統合の強化と、機能のカスタマイズ
  • プロジェクト管理ダッシュボードを使用し、プロジェクトのステータスを即座に表示

効率性の向上

SDL Trados GroupShare 2017では以下の内容を実現し、言語資産を一元管理することで利益率の向上を図ります。

  • 自動通知によりタスクを割り当てることで、リソースを追跡しコストを削減
  • 翻訳メモリ用語ベースなどのプロジェクトの更新情報をリアルタイムで確認
  • 個々のファイルやプロジェクト全体に対し締め切り日の設定が可能で、翻訳者やレビュアーの作業計画立案を簡素化
  • 誤ったファイルやバージョンで作業するといった、コストを要するミスを排除

セキュリティ制御とデータ保護の徹底

SDL Trados GroupShare 2017を使用すると、翻訳資産へのアクセスを制御し、顧客の知的所有権を保護できます。

  • 動的リソースアクセス機能により、ユーザーに適切なプロジェクトやその関連資産へのアクセス権を自動的に付与し、プロジェクト終了時にはアクセス権を無効化
  • さまざまなレベルのアクセス権を設定し、あらゆる場所の個別リソースに適用
  • セキュリティで保護されたデータ転送プロトコルを使用して、コンピュータの故障による資産の紛失や情報漏れを防止
  • 複雑なワークフロー全体でセキュリティとデータ保護を管理

SDL Trados GroupShare 2017に関するブログ

SDL Product ManagerのLuis Lopesが、お客様のフィードバックがSDL Trados GroupShare 2017の新機能の開発に反映された経緯をブログで解説しています。

顧客満足度の向上

正確な翻訳メモリと顧客の用語集を確実に提供し適用することで、すべてのジョブにおいて一貫した品質を維持することができます。 SDL Trados GroupShareには、以下のような機能があります。

  • 言語資産や翻訳ファイルだけでなく、プロジェクトの設定や関連する品質保証の規則を一元管理し、共有
  • プロジェクトマネージャーが、すべてのリソースにおいて一定の品質基準を満たすよう徹底させることが可能
  • サーバーソリューションの導入により、品質への取り組みを促進し、プロセスの一貫性を確保して、顧客満足度を維持