Live Chat

SDLの言語ソリューションの歴史

1984年に翻訳ソフトウェア市場に参入して以来、Trados(2005年にSDLと合併し、現在はSDL Trados)は、業界内で広く認知されたブランドとなっています。

SDL Tradosは画期的かつ安定性の高い翻訳メモリソフトウェアを次々と発表することで着実に成長し、現在ではフリーランスの翻訳者から大企業のお客様まで250,000人を超える方々にご利用いただいています。

Daniel BrockmannとMatthias HeynがTradosの30年の歴史を振り返ります (19分)。

設立

Trados(TRAnslation & DOcumentation Software)は、1984年にJochen HummelとIko Knyphausenによってドイツのシュトゥットガルトで創立されました。

HummellとKnyphausenは、当初Tradosを翻訳会社(LSP)として設立し、やがてIBMの翻訳プロジェクトを請け負うようになりました。

80年代

80年代半ばの翻訳コンテンツの需要増加に伴い、翻訳支援ツールが登場しました。 翻訳者は顧客から依頼される翻訳プロジェクトに対応しきれず、需要と供給のギャップを埋めるテクノロジが求められるようになりました。 HummellとKnyphausenはこれを技術上のチャンスと捉え、この問題を解消するソフトウェアの開発を開始しました。

翻訳メモリ時代の幕開けとなる1988年に、TradosはTEDを開発しました。これは、SDL Trados 2007 Suiteの翻訳メモリアプリケーションの1つで、現在Translator's Workbenchと呼ばれるアプリケーションのごく初期のバージョンです。 同じ頃、Tradosは会社を分割し翻訳サービス事業部門をオランダのINKに譲渡し、翻訳ソフトウェアの開発に専念することを決定しました。 Tradosが翻訳テクノロジプロバイダとして認識されるまで時間を要しましたが、ソフトウェア開発をMicrosoft Windowsプラットフォーム上に移行するなどの戦略的判断が効を奏し、やがてビジネスが加速していきました。

90年代

1990年、Tradosは最初の製品となるMultiTerm用語データベース、現在のSDL MultiTerm)を発売し、 続いて1992年にTranslator's Workbenchの初のバージョンを発表しました。 90年代半ばには事業の拡大に着手します。 シュトゥットガルト大学のコンピュータ言語学者、Matthias Heynが入社し、初の整合ツールT Alignを開発しました。その後T AlignはWinAlignとなって、現在SDL Trados 2007 Suiteのアプリケーションの1つになっています。 さらに、ベルギーのブリュッセル、米国のバージニア、英国、スイスなどにTradosのオフィスを開設し、海外拠点ネットワークが展開されていきました。

90年代には、非常に多くの翻訳ソフトウェア技術が開発されました。 テクノロジの進歩と低価格化により、多くのフリーランス翻訳者がパーソナルコンピュータを利用可能になり、翻訳支援ツールの普及を後押ししました。 翻訳メモリツールをデスクトップで使用することで、時間が短縮され、品質が向上するというメリットが得られただけでなく、インターネットの登場により、サーバーテクノロジを介して翻訳資産をリアルタイムで共有して生産性を向上させる道が開かれたのです。 これによってコンテンツをローカライズするスピードが急速に速まり、新規市場に参入した組織が現地の顧客の言語でメッセージを伝達できるようになりました。

2000年代

追随する翻訳ソフトウェアプロバイダも出現しましたが、2000年代に入ってもTradosは翻訳業界で大幅な市場シェアを維持します。 2005年にはTradosとSDLが合併し、市場のリーダーであった2社による各々の製品や専門知識を活かし、お客様により充実した機能を提供できるようになりました。

SDL Trados 2007 Suiteでは、25年にわたる研究開発の成果である堅牢なテクノロジと、自動翻訳機能(ベータ版)といった画期的な新機能を組み合わせることにより、翻訳プロセスのスピードと生産性を一層向上させています。

25周年を迎えて

SDL Trados Studio製品ファミリは2009年にリリースされ、次世代の翻訳メモリソフトウェアとしてローカリゼーションのプロの作業手法に革命をもたらしました。 SDL Trados Studio 2009は、TradosとSDLXの利点を兼ね備えているだけでなく、25年間にわたる翻訳ソフトウェアの知識の集大成であり、1億ドルを越える研究開発投資の成果です。
25周年を迎えたSDL Trados

2010年から2013年へ

SDL Trados Studio 2009のリリースに続き、SDL OpenExchangeが立ち上げられ、業界初のアプリストアとして評価されています。 SDL OpenExchangeはSDL独自のオープンな業界向けプラットフォームで、サードパーティの開発者や翻訳者がアプリやプラグインを構築したり、提供する場となっています。現在、40種類以上の翻訳者向けアプリが公開されています。

2010年には、高い評価を得ているソフトウェアローカリゼーションツールSDL Passoloの次期バージョンがリリースされました。 受賞歴のあるソフトウェアローカリゼーションツールの革新と投資を継続しています。 SDL PassoloがSDL Trados Studio 2009にスムーズに統合され、SDL Language Weaverなどの機械翻訳ツールにも対応するようになりました。

2011年は翻訳支援ツールがさらなる進化を遂げ、SDL Trados Studio 2011 がリリースされました。 Studio 2009を刷新したSDL Trados Studio 2011では、翻訳やローカリゼーションのプロによる翻訳とレビューの方法が一新されました。翻訳メモリと用語集の機能強化、動作の高速化、生産性の向上、多数の機能改善などにより、究極の翻訳環境が実現しています。

2013年、SDL Trados Studioはインターフェイスと操作性を一新し、2014年9月にTrados Studio 2014としてリリースされました。 より速く、より簡単でスマートになったTrados Studio 2014には、最新のユーザーインターフェイス、セルフヘルプツール、新しい整合ツールが搭載されました。 また、SDL OpenExchangeのバラエティ豊かな新アプリの活用により、機能性がさらに充実し、サードパーティ製ファイルの処理が可能になり、レポート作成や解析機能も強化されました。

2013年にはSDLの共同作業ソフトウェアSDL Studio GroupShareの新しいバージョンも発売されました。 チーム間での共同作業、翻訳メモリや用語集の共有が、GroupShare 2014の新機能によって容易になりました。 プロジェクトの作業割り当て、通知、追跡が合理化されたことにより、プロジェクトマネージャの作業効率と品質の向上に役立っています。

Trados創立30周年

2014年、Tradosは30周年を迎えました。 Tradosというブランドは1984年9月26日に生まれ、この30年でコンピュータ支援翻訳(CAT)ツールの代名詞と言われるまで浸透しました。

Tradosは世界的な業界標準となり、これまでの30年間、多くの競合他社がこの世界クラスの製品の機能を真似ようと試みてきました。

Tradosによって確立された翻訳支援ツール製品開発のイノベーションは今もSDL Trados Studioの機能改善に活かされています。そしてSDLの翻訳生産性向上のための全製品プラットフォームは、今後も進化を続けていきます。

次世代の翻訳ソフトウェア

Trados創立30周年記念に続き、2015年にはSDL Trados Studio 2015がリリースされました。 パーソナライゼーションの強化と魅力的なUIに重点を置いたSDL Trados Studio 2015により、業界標準の翻訳支援ツールが再び刷新されました。 SDL Trados Studio 2015では生産性を重視し、SDL AutoSuggest 2.0や変更反映などの機能を備えています。 また、業界では品質重視の傾向が高まっており、SDL Trados Studio 2015では、翻訳の品質を測定し、スコア化する翻訳品質評価(TQA)を導入しました。

2015年にはさらに、SDL Studio GroupShare 2015もリリースされ、プロジェクトマネージャは多数のプロジェクトのより効率的な管理が可能になりました。 GroupShare REST APIも拡張され、UXでの割り当てや開発向け機能によって、SDL Studio GroupShareを従来以上に容易に操作できるようになりました。

2016年初旬、SDL Passolo 2016をリリースいたしました。 この業界トップクラスのソフトウェアローカリゼーションツールでは、Android向けの拡張サポートによりモバイル形式での生産性と品質の向上を実現することを目指して開発されました。 新しいリリースでは、プロジェクトの同期フローが改良され、SDL Passolo 2016 Collaboration Editionで分散したソフトウェアプロジェクトを作業する際に役立ちます。また、モダンユーザーインターフェイスが導入され、さらに使いやすくなっています。

また、2016年には、SDL OpenExchangeをSDL AppStoreと名称変更いたしました。 SDL OpenExchangeの成功を基に構築されたSDL AppStoreのリリースにより、SDLのお客様には、ソフトウェアを拡張し、ユーザー体験を改善するさまざまな方法をご利用いただけるようになりました。 

2016年下旬には、115か国2,784名の個人翻訳者、翻訳会社、一般企業から収集した回答を掲載した、SDL翻訳テクノロジに関するインサイト調査が発表されました。 この調査では、品質、生産性、新しい作業方法、統合、ユーザー体験などの翻訳テクノロジの動向に関する5つのインサイトを紹介しています。

2016年下旬には、2大イノベーション、AdaptiveMT(自己学習型の機械翻訳エンジン)とupLIFTテクノロジを搭載したSDL Trados Studio 2017がリリースされました。 これらの革新的なテクノロジにより、翻訳業界は、品質と生産性に対する高い要求に対応することができます。 強制改行によって分断された分節の結合、言語ペアの入れ替え、さらに翻訳支援ツールでは初めてとなる、日本語、中国語、韓国語に対応したSDL AutoSuggestなどの新機能も搭載されています。